<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
PROFILE

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
オススメ商品’S
[029203]ふわふわシフォン♪エレガントフ

[029203]ふわふわシフォン♪エレガントフ

価格:1,750円(税込、送料別)

【送料無料】ピンクゴールドマ

【送料無料】ピンクゴールドマ

価格:3,580円(税込、送料込)


☆美白☆
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
LINKS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / -
Posted by : スポンサードリンク
いかにして女性をホメるか? これで彼女も胸キュン


 あぁ、モテたい! でも、女の人とどうやって喋ればいいのか分からない。という人のために、「女のコが胸キュンするのはこんなひとことだ」を多数の女性に直接聞いてみた。

 その中でも必須なのが「女友達をほめるトーク」だ。今は友達の関係かもしれないが、この「ほめるトーク」によって、「胸キュン」になってくれる可能性はゼロではない。

 いくつかOKワードとNGワード、そしてこれに対する女性の感想を紹介する。
■OKワード
「ロングもいいけど、ショートもいいね」
→「ショート『も』の『も』が大事。『ショートの方がいいね』と言われると、『じゃあ、今までのロングは似合わなかったってこと!?』って思う」(アルバイト)

「○○ちゃんのそういうところ、すごく好きだよ」
→「『人に流されないで、自分らしさをもってるよね』『オレ、そういうとこ好きだな』ってほめてくれたKくん。なんか告白されてるみたいで、思わず胸キュンしちゃいました」(会社員)

「すごく雰囲気あるよね」
→「『かわいい』って言われるのも、もちろんうれしいけど、『雰囲気ある』って言われるほうが、内面からにじみでるものをほめられてるような気がしてうれしくなる」(メーカー)

■NGワード
「よく食べるよね」「健康的だね」
→「女の子としては、異性から言われても、あまり嬉しくない言葉。ぜんぜん色っぽくないって感じ」(アルバイト)

「おもしろいよね」
→「『楽しい』ならいいけど、『おもしろい』ってヨゴレキャラって感じでうれしくない。恋愛につながらない感じ」(大学生)

 とまぁ、色々と難しいかもしれないが、適切な「ことば」を使ってぜひ彼女をつくってください。
芸能 / comments(0) / trackbacks(1)
Posted by : ちやこ
芸人の好き嫌いランキング オードリー1位


 週刊現代の4月25日号に、「『好きなお笑い芸人』『嫌いなお笑い芸人』ベスト&ワースト20」というアンケートが掲載され、ネットで話題になっている。

「『お笑い』に敏感」な対象女性たちを1000人強集めて行われた調査だといい、好きな芸人と嫌いな芸人のベスト20が並べられているという。ネット上には、それぞれ10位までが載せられ、上位3位にはコメントもつけられている。

 好きなお笑い芸人トップ3には、「オードリー」「はんにゃ」「チュートリアル」が入り、1位のオードリーの理由には、「見ているだけで笑える」、「キモさがいい」などがあるという。

 対する、嫌いな芸人のトップ3には女性が目立ち、1位「鳥居みゆき」2位「久本雅美」3位「はるな愛」という順番になっている。1位の鳥居は、「見ただけで一日気分が悪くなる」など散々な言われようだ。

 これに対し、ネット上のコメントでは「ちなみに男性回答者の結果もほしいなあ」、「関西で聞いたらまた結果が変ってくるとは思いますよ」、「1位(のオードリー)だけは一体何が面白いのかさっぱりわかりません」という声、「最近は流行り廃りが目まぐるしく変わるので、好き嫌い以前について行けない」などの声も寄せられている。
芸能 / comments(0) / trackbacks(0)
Posted by : ちやこ
「モテる男」って、一体どんな男? 幼少期から振り返ってみた


「モテる男」とはよく聞く言葉ですが、一体どんな男性のことを総称して「モテる男」というのでしょう。気になったので少し考えてみたとろ、「モテる男」のタイプは、年齢によって変化するのではないかという仮説にたどり着きました。「小学生時代はモテていたが、今は全然モテてない」なんていう男性もいるのではないかと思います。複数の女子に思い出を掘り起こしてもらって集めた意見を元に、幼少期時代から現在にいたるまでの「モテる男」について、考えてみようと思います。


■ 幼稚園・保育園時代(〜6歳まで)の「モテる男」
・「嫌がること」をしない男の子(5歳/幼稚園児童)

現役の幼稚園に通う女の子、Rちゃんに聞いた意見です。私が幼稚園に行っていたころには、「スカートめくり」などちょっかいを出してくる男の子の中にも、人気者がいた気もするのですが……。むろん、幼きこの時代には「好きな人なんていなかった」という女の子もたくさんいます。しかし対照的に、幼少期にすでに複数の男の子を好きになった経験があったりした経験のあると語る女子は、現在、恋多き大人の女へと成長している傾向が強いように感じます。(注:筆者の独断と偏見)

■ 小学生時代(6歳〜12歳)の「モテる男」
・足が速い男子(27歳/カメラマン、ほか)
・体育の授業や運動会、休み時間のスポーツで活躍する男子(25歳/看護師、ほか)

「運動神経が良い」男子が女子からの視線を集めた時代のようです。人間界だけではなく自然界でも、多くの動物のメスは、オス同士の闘いで勝利した「身体能力の高いオス」の子孫を残す傾向が強いといいます。身体的に優れた能力を持つ「男」を求めるのは、「女」の生物的な本能なのかもしれません。

■ 中学生時代(12歳〜15歳ごろ)の「モテる男」

・見た目がカッコイイ(25歳/エステティシャン、ほか)
・運動部(26歳/制作会社、ほか)
・クラス内・学年で目立つほう(ちょっとやんちゃだったり、学級委員だったり)(22歳/フリーター、ほか)
・話が面白い(25歳/飲食店勤務、ほか)

中学校になると、それまではあまり重視されていなかった外見が重視されるようになってきたように思います。加えて「面白さ」などのアイデンティティーも加味されるようになり、だんだんと女子ひとりひとりの「好み」も細分化されていった記憶があります。

■ 高校・大学時代(15歳〜22歳ごろまで)の「モテる男」

・優しい、面白い(25歳/看護師、ほか)
・おしゃれ(26歳/アパレル、ほか)
・イケメン(27歳/薬剤師、ほか)

このころの話になるとだんだんと好みがバラけてきたのか、少数派の意見も多くなってきました。「どんな男子がモテた」と一言では言いにくくなってきます。

■ 20代社会人(22歳ごろ〜)の「モテる男」

・将来性がある人。仕事に打ち込んでいる人。(25歳/工務店勤務、ほか)
・男性的な色気がある(27歳/販売、ほか)
・思いやりがある(25歳/医療事務、ほか)
・良い夫、良いパパになりそう(26歳/アパレル、ほか)
・知識が豊富(26歳/制作会社、ほか)

このころになると、モテる条件に「足が速い・運動ができる」という項目はもう入ってきません。外見に関しても、一般的に言う「イケメン」だからといって必ずしもモテるわけではなく、特に内面を重視する女性が増えてきます。

余談ですが、以前、知人の女性M子(24歳)が「良いDNAを持った男がいい」と言ってました。怖かったです。「DNAって、アンタは彼の先祖をどこまで知ってんの?」とツッコミを入れたくなりました。

年を重ねると、大多数の人間の女は「色眼鏡」をいつの間にか手に入れます。そして、パートナーを決めるのに、ある程度の打算が入るようになる場合があるようです(もちろん個人差はあるけれど)。それゆえ、いつの間にか男性陣は「足が速い」というだけでは「モテる男」の集団に属すのは難しくなってくるのではないでしょうか。会社で「体育」の時間があったとしたら、また違うのかもしれませんが……。

今まで散々「モテる男」について書きつづってきました。が、これはあくまで一部の20代の女性の意見。もちろん、好きな男性の好みは人それぞれですので、あしからず!

(桜まゆみ/プレスラボ)

【関連リンク】

モテたい男子必見!モテワザ満載の少女漫画3冊
漫画の中に、モテるヒントが隠されているようです。

今年の春はスーツでオシャレしませんか?
モテる男性のスーツ姿は、やっぱりビシっと決まっているような気が。 完全版(画像などあり)を見る

こちらもどうぞ
今年の春はスーツでオシャレしませんか?
女性の思う、理想の愛の告白とは?
女性500人に聞いた、男に作ってほしい料理No.1
“合コン反省会”って女子もするの?
「別れ」に見る女性と男性の考え方の違いとは?
芸能 / comments(0) / trackbacks(0)
Posted by : ちやこ
くわばたりえ 結婚できる幸せとこれまでの苦労語る


 21日、バラエティ番組『魔女たちの22時』(日本テレビ系)でお笑いコンビ・クワバタオハラのくわばたりえ(33)が31歳の男性会社員からプロポーズされた。男性の番組登場を知らされていなかったくわばたは大仰天。だが、その後男性から「結婚してください」とプロポーズされ、涙を流しながら「お願いします」と答えた。

 この件についてくわばたは自身のブログで喜びを爆発させた。今回の件は「今までの人生の中で 一番ビックリして 一番緊張して 一番嬉しかったですっ!」だったという。その一方で、クワバタオハラは「モテる小原正子・モテないくわばたりえ」というイメージが定着していたため、なかなか彼氏がいたことをカミングアウトできなかった苦労もブログで明かしている。

 これについては「彼氏がいないとずっと言ってたのに… 嘘ついててごめんなさい」とお詫び。お詫びをする相手は、「『男性を紹介するよ』と言ってくれた友達」「光浦靖子をはじめとする女芸人たち」「モテない女芸人を取り上げる『踊る!さんま御殿』関係者」など多岐にわたる。

 他にも、仕事の関係上なかなか会えない彼氏からいつ別れを切り出されるかを心配していたことや、ネタのために合コンに参加していたこと、彼氏と一緒でも離れて歩くことなど、これまで色々と苦労をしてきたことも明かした。

 しかし今、くわばたはようやく「ずっと好きやった人と結婚しますっ!」と言えることに幸せをかみ締めている。その一方で、「オハラさん… 先に 結婚して ごめぇ〜んねっ」と相方を気遣った。

 一方の相方・小原はブログで「自分の事のように 嬉しいわ」と相方を祝福した上で「そろそろ 私も?!」と含みを持たせた。
芸能 / comments(0) / trackbacks(1)
Posted by : ちやこ
1/1Pages